サイトへ戻る

AIS -尼崎インターナショナルスクール - の日々

どの子もみんな元気でかわいい!

リビング新聞と驚きのお問合せ

たくさんのママに届くまで

春休み体験会の広告を、リビング新聞3/9号に掲載させて頂きました。

ポストに投函された先週の木、金曜日はそわそわ。

みなさんに見ていただけたのか、しかもトップのあんなど真ん中に!

尼崎エリア担当の山岡さん、ありがとうございました。

 

そんなそわそわの木金曜はすぎ、日常&休日モード突入で、すっかりリラックスの週末もおわり、

月曜はゆったりスタートの私たちに、朝から電話が!

「電話なってるよぉ!」の声に、???からの!!!

もしかしてお問合せかな?!

 

そうなんです!

ありがたいことに問合せのお電話を立て続けに頂いて、本当にうれしさでいっぱいです。

メールでのお問合せもあり、今日は一日浮かれ気分でした。

ありがとうございました。

 

やっぱりリビング新聞はすごいなぁ。

わたしも何となく取っておいて後でじっくりみるもんなぁ。なんて感心しちゃいました。

 

 

私たちのこのインターナショナルスクールの原点は、校長であるユージン先生の空手スクールでした。

大阪でスタートし、尼崎、芦屋、西宮、神戸で開催(現在は西宮と神戸は閉鎖)

そのキッズたちも尼崎と芦屋に集まり、毎週楽しくレッスンをしています。

 

ユージン先生の指導はとてもユニークで、子どもの心をすぐにキャッチし(ほんと瞬間)

愛情の注ぎ方が半端ないんです笑

 

そして、ユージン先生の生徒は、みんなそれに比例するように、先生に愛を返してくれます。

 

先生がいつも言うことは、

「子どもはみんな、子どもなだけ。良いも悪いもない。」

ワイルドなのも、シャイなのも、ぼんやりなのも、子どもなだけ。

良いも悪いもなく、それが個性。

 

私たちはいつも、手をつないで、たくさん話を聞いて、たくさんのアイコンタクトと、たくさんのハグ、自分たちが子どもの頃、たくさんして欲しかったことを、子ども達に与えています。

 

子ども達のどんな些細なことでも教えてください。

 

逆上がりが出来たこと、ピンク色が好きなこと、人参が食べれるようになったこと、ひとりでおつかいに行けたこと、上手に蝶々結びができたこと

 

一緒に喜んでくれる大人が、ママパパ以外にいるうれしさ。

子ども達の頼りになる存在になれたらいいなと思っています。

 

 

3/11/2019

Remy

 

すべての投稿
×

もう少しで完了します。

あなたのメールアドレスにメールを送信しました。 読者登録の承認のため、届いたメールのリンクをクリックください。

OK該当機能はStrikinglyより提供しています。